読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本男児 × 韓国アガシの「国際結婚までの道のり」

日本人男性と韓国人女性の二人の出会いから国際結婚までの道のり、日々の出来事等を綴ります。

両家顔合わせ日程決定!

顔合わせの日程が決まりました!!

11月27日(日)12:00スタートです。

 

私側は両親と私の3名。

彼女側は両親と兄と彼女の4名です。

場所は韓国ソウル市江南(カンナム)。

かの有名な「オッパン、カンナムスタイル」ですね(笑)

 

お店を決めるまでには少し時間がかかりました。

私の父は韓国の歴史ドラマが好きで母は初海外。

そんなこともあり、二人に喜ばれるような候補地を

5つくらい出し「韓国文化に触れる」事を重視し決めました。

場所は当日の様子をブログで紹介するまでは秘密にします(笑)

 

顔合わせの内容は以下のとおり私が進行する予定です。

 

1.はじめのあいさつ

2.両家家族紹介

3.記念品交換

4.記念撮影

5.乾杯

6.食事、歓談

7.締めのあいさつ 

 

こんな感じです。

 

やはり家族同士は初対面ですし、

お互いの言葉のニュアンスが可能な限り伝わるように、

以前より通訳を介そうと考えてました。

以前、ネットで韓国に嫁ぎ通訳の仕事をしている日本人を見つけ、

その方に通訳の依頼ができるか確認をしました。

もちろん快く引き受けてくれるとの事でしたが、

父に相談すると父にも良く知る韓国人の観光ガイドがいるから、

どうせ頼むならその人に頼もう。

という事で、日程が決まるなり早速現地ガイドさん(キムさん)に

当日の通訳をお願いしてくれました。

以前の記事で少し触れましたが、

父は高校教師で修学旅行の行き先が何十年か韓国だった事があります。

その為、キムさんとは10年以上の付き合いだそうです。

数年前より政治的な問題で修学旅行の行き先が変更になった為、

かなり疎遠になっているようで父もガイドさんも会えるのが楽しみな様子です。

 

キムさんは通訳案内士という国家資格を持っているそうで、

普段は日本人対象の観光ガイドをしており人気で忙しいようです。

 

私はと言うと、父が務める高校へ通っていたため、

私が高校生の時も修学旅行の行き先が韓国でした。

クラスに1人通訳のガイドさんが添乗するのですが、

驚きなのはその時、私のクラスのガイドをしてくれた人が、

今回お願いするガイドらしく、非常に縁を感じました。

 

食事費用は彼女側の計らいがあり、こちらの旅費宿泊費を考慮し、

彼女側が出してくれることになりました。